ダイビングだけじゃない|青の洞窟など海を楽しむことができるスポットの魅力

本島にあるダイビングスポット

地元の人達だけでなく、旅行者も青の洞窟でダイビングを楽しんでいます。青の洞窟は沖縄本島の恩納村、真栄田岬にあります。その名前の通り青く輝いていて、とても綺麗なところです。綺麗というだけでなく、魚がたくさん集まることから、人気あるダイビングスポットになっているのです。

青の洞窟の魅力

no.1

とても美しい

上記にもあるように、青の洞窟はとても綺麗なところです。ですが、ただ綺麗というだけではありません。青く輝いていて神秘的な雰囲気を出しています。輝きですが、時間帯によって色味に少し変化が出てきます。色味の変化を楽しむために、一日に何度も足を運ぶ人もいます。

no.2

雨の日でも楽しむことができる

雨の日のダイビングは海中の綺麗さを楽しむのが難しい、というイメージがあります。が、青の洞窟は違います。青の洞窟は雨の日でも楽しむことができます。洞窟の中だと透明度や色に影響がないため、雨の日でも楽しむことができるようになっているのです。

no.3

色んな魚を見ることができる

青の洞窟でのダイビングですが、楽しみは洞窟内や海中の輝きだけではありません。特に海中ですが、色んな魚と出会えることも青の洞窟でのダイビングの魅力です。実際、映画やテレビでしか見たことがない魚や水中生物と出会いたいからという理由でダイビングの申し込みをしている人は多いです。

ダイビングだけじゃない

熱帯魚

シュノーケリングでも楽しめる

青の洞窟ですが、ダイビングだけでなくシュノーケリングでも楽しむことができます。シュノーケリングの場合、ダイビングと違って深い海底まで楽しむことはできませんが、それでも魚の群れや海中の輝きを楽しむことができますよ。

出費を抑える方法として

多くのダイビングショップでは、シュノーケリングで青の洞窟を楽しめるプランを提供しています。シュノーケリングはダイビングと違ってスーツや専用の器具などいろんなものをレンタルする必要がないので、リーズナブルな価格で楽しめるようになっています。青の洞窟を楽しみたいけど出費を抑えたい、というのであればシュノーケリングを検討してみるといいでしょう。

予め確認しておこう

シュノーケリングですが、ダイビングと同じように事前に情報収集をしておく必要があります。プランを取り扱っているダイビングショップや評判だけでなく、シュノーケリングの注意点などもです。特に確認しておいた方が良いのが、シュノーケルの使い方です。使い方を間違ってしまうと水が入って、うまく呼吸ができなくなるからです。

広告募集中